「好き」を「お金に変える心理学」を読んでみての感想【メンタリストDaigo】

Book

心理学はもともと興味があったので何かいい本はないかなと探していました。心理学の本は世の中にたくさんありますがなぜこの本を手に取ったかというとタイトルにもある通り、「好き」を「お金に変える」この言葉が胸に刺さったからです。ちなみにメンタリストDaiGoさんの本を読むのはこれで3冊目です。

特に、今の仕事が好きではないと感じている方には読んでほしい一冊です。

仕事はつらく大変なものです。好きでもない仕事ならなおさらのことでしょう。しかしそれでも負けずに踏ん張っているのは、生活のため、家族を養うため、社会人としての責任など理由は人それぞれあります。

近年では「好きなことで生きていく」いわゆるYouTuberがメディアなどで取り上げられています。自分の好きなことで活躍している人を見ると輝いて見えますし、自分に正直に生きているのが羨ましいなと思ったりします。

「好き」を「お金に変える心理学」を読んでみての感想【メンタリストDaigo】

「好き」を「お金に変える心理学」ってどんな本?

今回私が読んだ本は、「好き」を「お金に変える心理学」 著:メンタリストDaigo

本のタイトルにもある通り、「好き」を「お金に変える」がテーマの内容となっています。

この本ではお金の使い方や考え方など心理学を交えたテクニックを学ぶことができます。

好きなことでお金を稼ぎたい人、どうしたらお金を生み出す無限ループを作れるのかといったことが書かれていますので興味のある方にはおすすめの一冊です。

心理学を用いたテクニックを使うことで自分自身をコントロールできます。自分自身をコントロールできるということは客観的に自分を見つめることができるということでもあるので心理学から得るメリットは大きいです。

たとえばお金には2つの使い方があります。1つは消費または浪費。2つ目は投資です。

日常的にお金を使っているのは大半が消費です。無駄に使っているお金(浪費)と自分の将来に向けての投資はどちらが多いでしょうか。

理想は自分への投資にお金を使い続けること。それこそが「好き」を「お金に変える」ための入り口です。この本を読むことでこれまでの自分を見つめなおし変わるきっかけになるのではないかと思います。

好きなことを我慢してもお金はたまらない

お金を貯めようとするとき皆さんはどうしてますか?

大半の人は好きなことを我慢したり無駄遣いを減らすことを考えますよね。

お金のために好きでもない仕事を仕方なくこなしているといった方も多いのではないでしょうか。

本当は好きな仕事でお金を稼ぎたいと誰もが思っているはずです。

ではなぜ好きでもない仕事をしているのでしょうか

答えは簡単です。それ以外にお金を貯める方法を知らないからです。

貯めようとして他の方法を考えたとしても宝くじや株、ギャンブルなどは現実的ではないので積極的にお金を使うことはしないですよね。

この本では好きなことを我慢しないほうがお金は自分のところに戻ってくる確率が高くなるといっています。

なぜなら本当の成功を収めている人はみんな心から仕事を楽しんでいるからです。

好きなことにエネルギーをつぎ込んで報酬としてお金を得ているからこそ仕事に対するパフォーマンスも上がりプラスの連鎖が生み出されていると私は思います。

YouTube上ではジャンルごとに特化して配信している方が多くいます。それはそのジャンルならだれにも負けない。知識やスキルに関しても自信があるといった方たちにとってエネルギーをつぎ込むだけの価値がある場所。支持してくれるファンの方(視聴者)がいることでモチベーションもあがりプラスの連鎖を生み出しているとも言えます。

大事なことは自分の好きなことを見つめ、磨きをかけていき好きなことでお金を生み出すチャンスを作ること。好きなことで得たお金は再投資しさらに好きなことを追求することこそが今までの仕事や働き方に縛られない生き方なのではないでしょうか。

物より経験を買う

お金を使う上でしてはいけないことがあります。

それは「好きなこと」「得意なこと」とは関係のないところにお金を使うことです。

「今月はあまり遊んでないから少し高価なものを買おう」とか「ほしくもないけどなんとなくお金を使いたいからモノを購入してしまった」などそういった経験がある方も多いのではないでしょうか。

この本を読んで印象に残ったのが物を買うよりも好きなこと得意なことを伸ばして磨いていくことのできる経験にお金を使っていきましょうという言葉です。

この言葉を目にしたとき「自分はお金の使い方を日ごろから意識しているのか?」「一時的な気持ちを満たすためにお金を使っているのではないか?」と自問自答し、日ごろから自分への投資のためのお金はあまり使っていないことがわかりました

好きなことでお金を稼ぐことは大変なことだとは思いますが、仕事に対するエネルギーやモチベーションをフルに発揮できるのはやはり自分の好きなことに対してだけだと思います。

私自身まだ本当にやりたいこと、一生をかけて突き詰めていこうと思えるようなことには出会えていませんが、これから先たくさんの出会いや経験を通して見つけていければいいなと思います。この本を読んでよかったことは今の自分自身を見つめなおせたこと。良いお金の使い方とは何か。自分の好きなことで将来の投資になるようなお金の使い方をしていこうと思えたことでした。

タイトルとURLをコピーしました