【初心者向け】GitHubの使い方を解説。自作サイトを作成して公開する方法

Tool

プログラミング初心者の方や、web制作を始めたばかりの駆け出しの方でもGitHubという言葉はなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。

GitHubは特にエンジニアの中では必須のツールとなっていますので完璧にマスターする必要はありませんが、便利な機能だけでも覚えておいて損はないです。

初心者の方はちょっと難しそうだなと思うかもしれませんが今回はGitHubの一部の機能を使って自分の作ったファイルを世界中に公開する方法を解説していきます。

【初心者向け】GitHubの使い方を解説。自作サイトを作成して公開する方法

GitHubのアカウントを作成

GitHubトップページはこちら

検索エンジンで【github】と検索します。 

【GitHub】をクリックします。

GitHubのトップページが表示されます。【GitHubに登録する】または【サインアップ】をクリックします。

サインアップ(会員登録)は無料で行えますので心配はいりません。有料プランもありますが、私は無料プランを使っていますので個人利用の範囲内では必要ないと思います。

【ユーザ名】と【メールアドレス】【パスワード】を入力します。

【Email preferences】にチェックを入れると不定期でお知らせメールが届きます。

【Verify your account】で実際の人物であることを証明します。

すべての項目が完了したら【Create Account】をクリックします。

【Verify your account】で実際の人物であることを証明して【join a free plan】をクリックします。

アカウントの作成が完了しました。

GitHubでファイルを公開する

ファイルをアップロードしよう!

ここからは実際に私が使用しているアカウントを使用して説明していきます。

右上に写真アイコンがあるのでクリックします。

【Your profile】をクリックします。自分のページが表示されます。

【Repositories】をクリックします。

【Repositories】の使い方としてはプロジェクトのデータを保管する場所という認識でいいです。右上の【New】をクリックします。

【Repository name】にわかりやすいプロジェクト名を入力します。

【Public】は誰でも閲覧可能です。【Private】は自分のみ閲覧可能です。

【Repository name】を入力、【Public】または【Private】の選択が完了したら【create repository】をクリックします。

Repositoryの作成が完了しました。

右上のアイコンをクリックして【Your Repositories】をクリックします。

先ほど作成したものがRepositoriesに追加されています。

作成したRepositoryをクリックします。

【uploading an existing file】をクリックして、すでにあるファイルをアップロードします。

【choose your files】をクリックしてアップロードしたいファイルを選択します。またはドラッグ&ドロップでも可能です。

ファイルがアップロードされたのを確認したら【Commit changes】を入力します。ここにはRepositoryにどのような変更を加えたのかを入力します。

入力が終わったら【Commit changes】をクリックします。

アップロード画面に移り

アップロードが完了しました。

世界中の人に公開する

【Settings】を開きます。

下へスクロールします。

【GitHub Pages】の機能を使って世界中に公開します。

【Source】から【master branch】を選択します。

URLが準備されたので、世界中の誰でも見ることができるようになりました。クリックするとGitHubへアップロードしたindex.htmlを見ることができます。

URLをクリックして確認してみます。

 

サイトへ移動し見ることができました。以上で世界中の人に公開する設定は終わりです。

最後にまとめですが、今回はGitHubの機能を使いサイトの公開方法をご紹介しました。公開するということは自分の実績をアピールする上でとても重要だと思います。

初心者の方は特にインプットすることに偏りがちですがアウトプットも同時にすることでSNSなどを通してコメントをもらったり新たな課題の発見につながるかもしれません。

上手な使い方としては、自分の記録として管理するのもいいですし、就職、転職などのアピールとしてポートフォリオ(作品集)を作っておくといったことも可能ですのでアウトプットによって得られるメリットは大きいかと思います。

初心者だからこそどんどん公開して、着実にステップアップしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました