5分でできるGoogleアカウントを消す方法【復元方法も解説】

Tool
悩む人
悩む人

Googleアカウントを複数持っています。過去に使っていた不要なアカウントの扱いに困っているので消し方を教えてください。

本記事の内容
  1. Googleアカウントの削除方法
  2. Googleアカウントの復元方法

 

yato
yato

使っていないアカウントを放置していると悪意のあるひとに乗っ取られたり、思わぬトラブルに遭遇するかもしれません。被害にあわないためにも不要になったアカウントは削除することをお勧めします。

 

今回は、かんたんにできるGoogleアカウントの削除方法と間違ってアカウントを消してしまったときの復元方法をご紹介します。

 

\Googleアカウントの作成方法はこちら/

【2020年】初心者でも簡単にできるGoogleアカウントの作り方
Googleのサービスを使うにはGoogleアカウントがいるみたいですが作成方法がわかりません。簡単に作れるのでしょうか? こんなお悩みにお答えします。 本記事の内容 パソコンとスマホでのGoogleアカウントのつくりかた 画像を使って詳しく解説 今回はパソコンとスマートフォンの両方で、誰でも簡単に作れる

5分でできるGoogleアカウントを消す方法

アカウント情報を開く

Googleの検索エンジン右上のメニュー(赤枠)をクリックします。

 

サービスが表示されるので【アカウント】をクリックします。

 

データとカスタマイズを開く

【データとカスタマイズ】をクリックします。

 

下へスクロールします。

 

【サービスやアカウントの削除】をクリックします。

 

右上の【アカウントを削除】をクリックします。

 

パスワードを入力する

パスワードを入力をします。

※違うアカウントを削除したいときは赤枠をクリックしてアカウントを選びます。

 

【アカウントの選択】に現在所持しているアカウントが表示されるので、
削除したいアカウントをクリックします。

 

パスワードを入力して【次へ】をクリックします。

 

注意事項をを読み下へスクロールします。

 

注意事項にチェックを入れ【アカウント削除】をクリックします。

※アカウントを削除するとGmail、YouTubeで紐づけしている情報が削除されるため注意が必要です。

 

以上の手順で削除が完了しました。

yato
yato

Googleアカウントは簡単に削除できるので、不要なアカウントがあって困っているひとは整理してみてはいかがでしょうか。

Googleアカウントの復元方法

Googleアカウントのヘルプセンターへアクセスします。

【手順に沿ってアカウントを復元】をクリックします。

見つからない場合はこちらのリンクからアクセスできます。

 

復元したいメールアドレスを入力します。

※必ず復元できるわけではありません。

削除した Google アカウントは復元できる可能性があります。ただし、アカウントを削除してから一定の期間が経過している場合は、アカウントのデータを復元できないこともあります。アカウントを復元できた場合は、Gmail や Google Play などの Google サービスに通常どおりログインできるようになります。

Googleヘルプセンター

との記載がありますので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました