他人の心がわかる心理学用語辞典の感想【すべての行動は心理学で説明できる】

Book

心理学系の本を何冊か読んでいるとさらに興味がわいてきてしまい心理学用語辞典というものを手に取ってしまいました。

人間には心(感情)が存在しており心の状態が体に様々な影響を与えているものです。社会で生きていくうえで人間関係はとても重要です。世の中にはいろんな人がいて誰一人として同じ人間はいません。

同じ人間はいませんが心理学の分類や傾向で当てはめてみると仕事の上司、仲間、友人には似たり寄ったりの人が必ずいるものです。

常日頃から疑問に思っていたのが「この人はどうしてこんな風に物事をとらえてしまうのだろうか。」「どうしてこのような行動をとってしまうのだろうか」といったことでした。

心理学用語辞典ということで行動、表情、癖から心の中身を知ることができるだろうと思い読んでみました。

他人の心がわかる心理学用語辞典の感想【すべての行動は心理学で説明できる】

他人の心がわかる心理学用語辞典ってどんな本?

今回読んだ本は、他人の心がわかる心理学用語辞典 著:渋谷昌三

本のタイトルにもあるように、他人の心がわかるがテーマの内容となっています。日ごろのふとした瞬間にこの人はどんなことを考えているんだろうかと気になったことはないでしょうか。

気になった方は心理学を知ることで相手の気持ちを察することができるかもしれません。この本は日常の様々なシーンで役立つ見えない心を読むための心理学用語辞典となっています。

あの人の言動が理解できない癖が気になる自分は周りからどう見られているのかなど少しでも疑問に思ったり気になったりしている方には面白い一冊かもしれません。

心理学のいいところは相手の気持ちを察することができるところです。察するためにはまず相手を理解するところから始まります。

人間関係をより良いものとするためにも自分自身を理解しコントロールすることそして相手の心がどう思っているのかを理解してあげること。コミュニケーションを通して分かりあえた時心理学のすごさを実感できるかもしれません。

子育ては心理学でラクになる? メンタリストDaiGoが子育て本
メンタリストDaiGoが子育て本を出しているというのが意外で思わず手にってしまいました。子供を持つ親としては子育てがラクになればよいなという気持ちはいつも持っています。メンタリストDaiGoというと心理学を利用したパフォーマンスをよくテレビで見ていましたので心理学と子育てというイメージが結び付きませんでした。世の中には

 

すべての行動は心理学で説明できる

私たちの行動は自分自身で決定しているようにも思いますが実際はそうではありません。

すべては自分と関わる人間や社会からの影響を受けて判断しています。これを心理学の分野では社会心理学といい他人とのコミュニケーションがうまくなる学問ともいわれています。

例えば困っている人を【Aさん】とします。

【Aさん】を見てBさん】は助けようとします(これを個人心理といいます)

それを見たCさん】は助けるのは彼のためにはならないといいます(文化的違いの心理)

困っている人を助けている【Bさん】を見たDさん】は頼もしい人だなと好意を抱きます(恋愛心理)

一方で【Aさん】を見ている周りの人はあの人が助けているから何もしなくていいかと思います(集団心理)

行動を心理学に当てはめていくとすべて説明できてしまいます。

人の感情は見えない、よくわからないと思われがちですが、心理学とは面白いもので人の行動が理解できるようになると落ち着いて物事を見ることができるようになります。

 

ストレスは考え方次第で軽減できる

ストレス・・この言葉を聞くだけで嫌になるものですよね。ストレス社会は私たちの健康に様々な影響を与えています。

心理学ではストレスはなくなることはないのでどう対処するかが大事だと言っています。

例えば仕事で大きな仕事を任されたとします。ここでストレスを感じてしまうのは自分にできるのかという不安です

ストレスとうまく付き合うためには無理をしないこと。まずは自分の能力と向き合うことが大事です

心理学ではアプローチの仕方によって解決方法が違ってきます。

ストレスを抱える問題に対して他の人の意見を求めたり、まかせてしまう方法。(問題中心型)

ストレスの原因ではなく考え方を変える方法。プラスにとらえることで自分を成長させる。(情動中心型)

心理学とは自分の心をラクにするために使っていいものだと私は思います。

自分自身を理解しそして相手を理解する。これが生きていくうえで何より大切なものではないかと感じたところでした。

タイトルとURLをコピーしました