中田式ウルトラ・メンタル教本を読んでみての感想

Book

オリエンタルラジオの中田さんの本を読むのは初めてです。中田さんのことはオリエンタルラジオがブレイクしたころから知っています。最近では活躍の場をテレビからYouTubeへシフトしていることでも話題ですし、様々なビジネスにも挑戦しています。

本書ではどういったビジネスに挑戦しているのか、ビジネスを成功させるために必要なマインドとは何かが紹介されています。

中田さんのYouTubeを何度か拝見したことがありジャンルでいえば教育系YouTuberとしてのポジションを確立しつつあります。お笑い芸人ということもあり話の内容が面白いです。

テレビの時は視聴者、この本でいえば読者を飽きさせない文章や構成が工夫されており読者を引き付ける魅力はさすが芸能人といったところでしょうか。

世の中にたくさん本があり専門的になればなるほど、難しくなるものです。この本に関して言えば専門的というよりは中田さんの経験をもとに読者へ伝えたいことをうまくまとめられていたので最後まで飽きることなく読み終えることができました。

中田さんが本をいくつか出していたのは知っていたので興味本位で読んでみましたが、中田式のメンタル術としていくつか紹介されていた内容が日常生活でも使えそうだったので読む価値はあったかなと感じました。

中田式ウルトラ・メンタル教本を読んでみての感想

中田式ウルトラ・メンタル教本ってどんな本?

今回私が読んだ本は、中田式 ウルトラ・メンタル教本 著:中田敦彦

本のタイトルにもある通り、メンタル教本ということでビジネスや日常で役に立つ心の在り方や考え方がテーマの内容となっています。

メンタルのありようでどうとでもなる。楽しく生きていけると中田さんは発信しています。

皆さんも一度しかない人生、できるなら前向きに生きていきたいですよね。私もその一人です。

メンタルが強いひと、弱い人。

人付き合いが得意な人、苦手な人、様々な人がいます。それが当たり前です。

社会で生きている以上、誰もが悩みを抱えています。

中田式のメンタルを前向きなものにするメソッド(方法)に興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。今の自分と比較して何か変わるきっかけになればいいなと思います。

ネガティブな自分を変えない

ネガティブというとマイナスなイメージを感じる人は多いのではないでしょうか。

しかしネガティブな人は繊細で誠実な人だということでもあります。社会に出るとたくさんの人と関わり責任のある仕事につき、毎日が不安との闘いで疲れてしまいますよね。

仕事の失敗や友人関係とのトラブルなどで焦ったり何か対処をしようとしたりしても簡単にはうまくいきません。

そんな時は「無理に状況を打破しない」ことが大事とこの本では言っています。

なぜなら人はネガティブな状態になっているときは心も体も悲鳴を上げている状態です。だからこそいったん休みましょう。

心が落ち着いて元気を取り戻してからまた考えましょう。というのが中田式のメソッドの一つです。そう思うと少しは楽になるかもしれませんね。

弱っている時だからこそ自分に優しくできるのは自分しかいない。そういった考え方は私は好きです。

まわりの評価を気にしない

まわりの評価を気にしない人の例として中田さんは明石家さんまさんを挙げています。

特徴としては3つ

  1. 姿勢がよく堂々と歩く

  2. 初対面の人とは必ず握手をする

  3. すべてにおいて行動が早い

この特徴を持つ人は基本的にまわりの評価を気にしません。

なぜかというと「こうしたら得だという」という考えがなく周りからどう見られているか気にしていないからです。

そして人が喜ぶ言動が自然にできている。結果として周りから評価される。といったループが出来上がっているのです。

私自身仕事などで周りからどういう風に評価されているか気にならないといえば嘘になります。会議などでもここでアピールすれば評価が上がるかもしれないなど考えてしまうこともあります。しかし心から望んでいないことに対してはやる気やパフォーマンスなど上がるわけではなく、むしろマイナスな結果を招いてしまうかもしれません。

人から好かれるような行動は簡単なようで難しいと思います。人には感情というものがあり、コントロールするのはなかなか難しいです。しかし、周りの評価を気にしない人の特徴を少しでも実践出来たら、やがてそれが評価につながるかもしれません。

この本を読んでみて自分の行動が変わるきっかけを少し得た気がします。

自分に自信が持てる人間。そんな人に私はなりたい・・・。

タイトルとURLをコピーしました