賢い子になる子育ての心理学を読んでみての感想

Book

私が子育て本を読むようになったのはメンタリストDaiGoさんの子育て本を読んだのがきっかけです。子育てと心理学の相性の良さを感じてからは定期的に子育て本を読むようになりました。

子供を持つ親としては子育ての大変さが身に染みています。子供をコントロールしようと頑張ってみてもなかなかうまくいきません。

いつも子育てを頑張ってくれている妻には感謝の気持ちでいっぱいです。

子供は感情のコントロールが苦手です。だからこそ親がうまくフォローしてあげなければいけませんよね。

そんな時に役立つのが心理学と子育ての組み合わせです。心理学と子育ては相性がいいので本で学んだことを実践してみると効果を実感できるはずです。

良い家庭を築くためのきっかけづくりとして、現在子育てで疲れている方、悩んでいる方は何でもいいので子育て本を一冊読んでみるのもいいかもしれません。

実際子育て本を読んでみて子供の気持ちに寄り添うことができるようなったので良かったと思っています。

賢い子になる子育ての心理学を読んでみての感想

賢い子になる子育ての心理学ってどんな本?

今回私が読んだ本は、賢い子になる子育ての心理学  著:植木理恵(心理学者)

本のタイトルにもあるように、賢い子になるための心理学がテーマの内容となっており、「賢い」子供を育てるにはどうしたらよいかを心理学の知見からまとめています。

「子育てがうまくいかない」、「どう接していいかわからないなど」の経験がある方には読んでほしい一冊です。

子育て本から学ぶことは多く、今まで良かれと思ってしていたことも実は間違っていたかもしれないという気付きを与えてくれます。

子供への接し方が変わるきっかけになればそれは良いことですし、子供はとても敏感です。

親が変わればやがて子供の意識が変わり反応が変わってきます。優しく話しかければ子供は素直に話を聞いてくれます。コミュニケーションを通して親子の絆をさらに深めていきましょう。

内向的か、外向的か

子育てを経験したことがある皆さんはご存じかも知れませんが子供にはそれぞれ個性があります。子供に限ったことではありませんが人間は皆、個性を持っています。

子供の個性を親が無理やりに変えようとしてはいけない、ましてや子供の特徴を否定することは子供の可能性や輝きまでも消し去り心のゆがみを残す原因にもなりかねないと本書にはあります。

【内向的な性格】と【外向的な性格】とはどういったものかご存じでしょうか。

内向的とは行動の決定を自らの内側に求めるタイプのことを言います。

逆に、外向的とは自分の感情を重視せず相手のことを気にして心を外側に向けるタイプのことを指します。

外向的な子に「自分の意思をはっきり持ちなさい」。内向的な子に「周りの空気を読みなさい」など生まれ持ったタイプに対して逆の性質でもある言葉をもって指導するのはあまり良くないといわれています。

個性や特徴を否定せずに接することが将来、可能性や輝きある子供に育っていくためには大切なことです。

子を持つ親であればなおさら忘れてはいけないことですね。

関連記事

子育ては心理学でラクになる? メンタリストDaiGoが子育て本
メンタリストDaiGoが子育て本を出しているというのが意外で思わず手にってしまいました。子供を持つ親としては子育てがラクになればよいなという気持ちはいつも持っています。メンタリストDaiGoというと心理学を利用したパフォーマンスをよくテレビで見ていましたので心理学と子育てというイメージが結び付きませんでした。世の中には

スキンシップが生育の大きな鍵を握る

赤ちゃんが泣いているときに抱っこすると子育て経験者から「抱き癖がつくからやめなさい」と言われた経験はありませんか。

これは抱っこをしないと泣き止まないようになるから抱っこしすぎないほうがいいという意味で使われていました。

現在では抱っこをするほうが赤ちゃんにはプラスの影響を与えると広く認識されています。

赤ちゃんにとっては泣いているときに抱っこしてもらえたという経験がとても大切で、愛情を注がれて育った子は人を信頼して自分を肯定する気持ちを育むことができるようになります。

逆に、放置されて育った子供は孤立感や不安感を膨らませ自立する心が育ちにくくなるようです。同じ時間をたくさん過ごし当たり前になればなるほど家族の絆というものは見えにくくなってしまうものですよね。

子供でいてくれる時間はあっという間です。成長するスピードは日に日に増していきます。子供が大きくなってからもっと愛情を注いであげればよかったと後悔する前に、今の一瞬一瞬を大事にしてより良い家庭を築いていくことが親の務めだなと感じたところです。

タイトルとURLをコピーしました