WordPressにアドセンス広告を貼る方法【収益アップのコツを紹介】

Web

WordPressに限ったことではないですが、ブログを運営している方でGoogleアドセンスを知らないといった方はあまりいないのではないでしょうか。

SNSなどで「アドセンスの審査に通過しました!」や「また審査に落ちましたなど」一喜一憂しているコメントをよく見ます。

副業としてブログは始めやすいということもあり、まず初心者は自分のブログにアドセンス広告を貼って収益化を目指すというところから始めることが多いようです。

しかし、頑張ってGoogleアドセンスの審査に通過しても収益につながらないのではモチベーションも下がってしまいますよね。

今回はアドセンス審査に通過したその先のステップとしてやるべきこと。収益アップさせるためのコツを解説します。

WordPressにアドセンス広告を貼る方法【収益アップのコツを紹介】

収益アップさせるためには?

収益アップさせるためにはサイト内の適した位置に広告を配置する必要があります。目先の利益にとらわれすぎて広告を貼りすぎてしまうといったことにならないように注意が必要です。1記事当たり3か所くらいに配置するのをお勧めします。

 

自動広告について

【自動広告】とはGoogleアドセンスの審査の時に配置したコードのことです。

メリットはGoogleがブログを解析して収益率が高いところに広告を表示してくれます。

デメリットは自分が表示させたいところ以外に表示されてしまいブログ自体が見にくくなってしまうといったところです。

初心者のうちはそのままの設定で構いませんが、表示される個所によっては閲覧する人に敬遠されやすくなるといったこともありますので注意が必要です。

 

自動広告を外すべき場所

自分のサイト名の赤枠で囲んだ編集ボタンをクリックします。

PCで閲覧時に表示される【ページ内広告】を削除しましょう。サイトを訪れた時、記事ページを開いたときに大きな広告が目に入るような配置はお勧めしません。すぐにサイトから離脱される場合があります。

 

モバイル画面で表示される【アンカー】広告を非表示にしましょう。スクロール時に表示されたままついてくるの誤ってタップしてしまう場合もありますし、見る人によっては敬遠されやすく収益もあまり望めません。

 

【モバイル全画面】を非表示にしましょう。記事をクリックして画面が切り替わるときに大きな広告が表示されます。あきらかにに広告だとわかるので敬遠する人によっては記事を読む前にサイトから離脱してしまうといったこともありますし、ユーザビリティ的にもマイナスです。

【ページ内広告】【アンカー】【モバイル全画面】を非表示にしたら【サイトに適用】をクリックします。

広告を貼る際は自分がサイトを訪れた時に敬遠しそうな場所には配置しないといったことが重要になります。

アドセンス広告を記事内に配置する(広告ユニットを作成)

【広告ユニットごと】から【ディスプレイ広告】をクリックします。

【広告ユニットの名前を入力】して【作成】をクリックします。

コードが生成されますのでコピーします。

 

記事内に配置させる場所

配置させる場所のおすすめは3か所です。

【冒頭文と目次の間】

 

記事ページの【テキスト】モードで冒頭文と目次の間にアドセンスのコードを直接貼り付けます。

 

【記事の途中】

 

【記事下】全部読み終わった後に関連広告がクリックされやすくなるので特にお勧めです。

以上が、記事内に配置させる場所のおすすめです。

冒頭でも説明しましたが副業としてブログは始めやすいので挑戦する方は多いです。

しかし、収益化するにあたっては0から1にするのが大変だといわれています。頑張ってGoogleアドセンスの審査に通過しても収益につながらず残念ながらブログをやめてしまうといった方もいます。

今回はアドセンス審査に通過したその先のステップとしてやるべきことをご紹介しました。うまく収益化させるためには【試行錯誤】【継続】【積み重ね】がとても重要ですので少しずつ頑張っていきましょう!

【2020年版】アドセンス広告を簡単に貼り付け!Advanced Adsの使い方
WordPressのブログにGoogleアドセンスの広告を簡単に貼り付けたいと思ったことはありませんか? まだブログを始めたばかりだし、記事数も少ないから手動で広告を設定しても大丈夫と思う方もいるかもしれません。記事数が少ないうちは管理の手間は小さいかもしれませんが記事数が多くなってきたとき手動で管理
タイトルとURLをコピーしました